GIC
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

赤備え鎧の強さ

「赤備え」を戦国最強の代名詞とした昌景
赤備え具足の例
赤備えの甲冑
提供:設楽原歴史資料館

甲冑や武具を赤または朱色で統一した「赤備え」は元々は昌景の兄(または叔父)である飯富虎昌とその家臣団で使われていたものでした

永禄8年(1565年)信玄の嫡男である武田義信と彼の守り役であった虎昌の謀反が起こると粛清された虎昌に仕えていた赤備え部隊は昌景に引き継がれました

その後昌景は赤備え部隊を率い数々の武勲を立て特に上杉・北条・織田・徳川との戦いでは敵将を震え上がらせる程の目覚ましい戦果を上げました
「赤備え」は名実ともに最強部隊の代名詞として他国大名にまで恐れられる存在となったのです

長篠の戦いで昌景が亡くなると残された赤備えの家臣達は徳川方の井伊直政に引き継がれ後に「井伊の赤鬼」と呼ばれ恐れられていきます
井伊家の軍装は足軽まで赤備えを基本としそれは幕末まで続きました

赤備えは後世他の武将に影響を与え広まっていきますが近年最も知られているのは「真田の赤備え」と言えるでしょう

昌景と同じく武田家に仕えていた真田昌幸も元々部隊に赤い武具を使用していましたが「真田の赤備え」を一躍有名にしたのは慶長20年(1615年)真田信繁(幸村)が大坂夏の陣において己の部隊を赤備えに編成し活躍したことに由来しており昌景の活躍した時期よりかなり後となります

戦国時代は赤以外にも様々な色備えがあったとされていますが「赤」=「最強部隊」の図式を作り後の世に多大な影響を与えたのは武田軍の飯富虎昌とそれを引き継ぎ数々の武勇を残した山縣昌景なのです